寄付プロジェクト一覧

2017.05.01

【6c】佐賀の若者と熟年の「おサガわせ」東京公演

Tweet

舞台創作は、まちの栄養です。みなさんと一緒におもしろいことをしたい。

目標金額  2,500,000円

寄付総額

494,000

(2017/6/24 現在)

寄付件数

52

佐賀を本拠地に活動する2つの劇団の2days公演です。

1日目は、45歳以上の中高年劇団「SAGAパーフェクトシアター(SPT)」。こちらは、シェイクスピア原作「から騒ぎ」を佐賀弁バージョンで上演します。
SPTは、佐賀市出身の俳優 辻萬長氏と村井國夫氏を顧問に迎え、創立しました。創立10周年を記念して、5年ぶりに東京公演をします。
人生経験豊かな中高年が東京から佐賀の文化発信をすると共に、関東圏の九州出身者や演劇を愛する方々に楽しんで頂きたいと思っています。

2日目は、10代の子ども達の「ティーンズミュージカルSAGA(TMS)」。ミュージカルとライブショー(歌とダンス)の2部構成で行います。TMSは創立13年目。毎年1回のオリジナル作品による本公演のほか、年間100回近く、様々なイベントのステージに出演して歌やダンスを披露しています。

ご寄付をお申し込みの皆さまに心ばかりのサンクスギフトを用意しました。>>

お問合せ Contact

担当者:中並博美

申請団体情報

団体名 スタジオ風のたね(ティーンズミュージカルSAGA + SAGAパーフェクトシアター)
代表 栗原誠治
住所 〒840-0816 佐賀県佐賀市駅南本町3-18 村岡屋3階
電話番号 0952-26-8892
メールアドレス kazenotane21@me.com
ウェブサイト http://www.kazenotane.com/
Twitter @KAZENOCHIZU

わたしたちの「まち」にあるお困りごと

TMS:このプロジェクトは、佐賀を本拠地に10代の子ども達が本気で舞台創作に取り組み元気に輝く劇団「ティーンズミュージカルSAGA」が、東京都渋谷区にある「全労済ホール/スペースゼロ」で行う公演の実施に向けたプロジェクトです。これまで毎年、ミュージカル公演を通して子ども達の心と身体が健全に育ち自分に自信を持ち、夢を見つけ、素敵な大人になってほしいという願いのもと、佐賀市文化会館大ホールで上演してきました。これまでの舞台経験を活かして今回は東京公演を行い、全国に向けて佐賀の子ども達の笑顔と元気を発信します。この公演は子ども達だけではできません。地域のみなさんと力を合わせて、文化の担い手である子ども達を支えたいという思いで、このプロジェクトを実施していきます。

SPT:このプロジェクトは、佐賀を本拠地に45歳以上の中高年が本気で演劇に取り組む「SAGAパーフェクトシアター」が、創立10周年の記念に東京都渋谷区にある「全労済ホール/スペースゼロ」で行う公演の実施に向けたプロジェクトです。5年前にも同ホールで演劇公演して満席(400席)の大好評を得ました。今回は更に舞台経験を重ねた団員達が、再び全国へ佐賀の魅力と演劇の醍醐味を発信します。この公演は、中高年が輝く第二の人生を謳歌する姿を応援したいという思いをお持ちの皆さんと一緒に作り上げたいプロジェクトです。

わたしたちの「まち」に必要なコト

舞台創作は、出演者はもちろん、演出・音響・照明・衣装・メイク・振付・大道具・宣伝・販売など、多くの人々の力を合わせて創り上げる総合プロジェクトです。大きな可能性を持った子ども達が表現する喜びを知り自分に自信を持ち、協調性や思いやりの心を持って、人間性豊かな社会人になるよう育つ場所でもあります。また、定年や子どもの独立などで人生を一段落した中高年世代が、これまでの経験活かして新しい仲間と新しい挑戦をすることで、新しい生きがいを見つける場所としても有意義です。あらゆる世代の人々が身体表現をすることで心身が健康になり、それを観る観客にパワーを届けます。まちの中で宣伝することで人々のコミュニケーションは増え、集客効果としてまちが活性化されます。さらに応援してもらった創作関係者は地域を愛し、地域に貢献しようと努め、街は発展していくと思います。

みなさんと一緒に取り組みたい活動

2つの劇団は、世代は異なっても目指すものは同じです。仲間と一緒に切磋琢磨し、力を合わせていい舞台を創るために努力し続けています。自分の可能性を広げ自信を持ち、舞台から笑顔と元気をお届けしています。いい舞台を創り楽しんでもらうことで、子ども達は素晴らしい社会人となっていくよう願っていますし、中高年世代には生きがいを持ち健康に人生を謳歌していくよう願っています。

わたしたちが目指しているコト

佐賀を本拠地に活動していて、どうして東京なのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、インターネットなどが発達して世界が狭くなったと言われるこの時代こそ、役者の息遣いが伝わる生の舞台の価値があると思います。舞台で汗を流し懸命に演じる役者の躍動感や迫力は、生で観てこその感動があります。東京の舞台を愛する方、九州を懐かしむ方には特に楽しんでいただきたいと思っています。そしてそのために、熱い練習をしている団員のためどうぞ皆さんのご支援をお願いします。東京から全国へ佐賀の魅力を精一杯発信してきます。

ご寄付をお申し込みの皆さまに心ばかりのサンクスギフトを用意しました。>>

Facebook

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

フィード