お知らせ一覧

2014年06月

2014.06.30

地域間交流・人づくりイベント基金〜「地縁組織」向け助成事業~助成先募集

今年度助成総額300万円、1~3団体に助成  公益財団法人佐賀未来創造基金は、基山町住民の方からの当財団への寄付により、冠基金「地域間交流・人づくりイベント基金」を設立いたしました。寄付者の意思に沿う事業にて助成先を募集いたします。助成対象は人づくりに関する事業、多様で豊かな交流体験活動の場づくり事業です。 ※今年度の重点地域は基山町です。   応募締切:2014年7月21日(月/祝)(必着) 詳しくはこちらへ→地域間交流・人づくりイベント基金〜「地縁組織」向け助成事業〜 26「地縁組織」向け助成事業バナー02.png

2014.06.30

【スマホアプリ vol.07】「かざして募金」を利用してみたい!!

こんにちは(^^♪ 佐賀未来創造基金(愛称さがつく)の事務局eggです。 今日は、先日ご紹介した「3分(でできる)ボランティア、寄付情報」⇒『かざして募金』(ソフトバンクモバイルさん提供する募金アプリ)に「私の団体で登録したいな...」「登録ってどのような手順になるの?」「どんなサービスを提供してもらえるの?」などと興味を持たれたCSOのみなさんもいらしたのではないでしょうか? 「さがつく」でも先日、寄付受け入れ団体として「かざして募金」へ申請しましたので、その申請の経過をおしらせしますね(^^)v ◆「かざして募金」で継続的なサポート! ソフトバンクモバイルさんでは「かざして募金」を通してより多くの方に寄付をしていただき、非営利団体の継続的な活動をサポートしたいとの考えで「かざして募金」の利用にあたっての開発費などは全額ソフトバンクモバイルさんが負担。 非営利団体の皆さんが負担する費用は月額のサービス利用料や運営費など実費のみで利用ができるとてもうれし、ありがたいサービスです。 ◆提供されるサービスは? 募金画面のページ(画面イメージは http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/npo/ )、画像認識機能(団体のポスターやチラシデータなどをアプリケーションで撮影した際、募金画面へアクセスできます。)、団体WEBサイトからの募金機能(各団体のWEBサイトからも、募金画面へアクセスするためのバナーが提供されます。)など。 ◆提供されるサービスの利用料は? サービス利用料は、1,980円(税抜)/月+寄付額の1.8%(税抜) 支払い方法は、3カ月ごとにソフトバンクモバイルより請求書が送付されます(翌月末までのお振り込み)。 【注目ポイント!!】 ※2014年8月31日までにお申し込みの場合、サービス開始月より最大6カ月間無料(寄付額の1.8%共に)らしいですよ(^o^) ◆利用申し込みの手順は? 1.非営利団体向けご利用方法のページhttp://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/npo/ にある「利用規約(PDF形式:172KB/5ぺージ)」をダウンロードして熟読しましょう。 2.申し込みに必要な資料(データ)の準備です。http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/npo/ にある「登録利用申込書(XLS形式:84KB)」をダウンロードして「かざして募金」登録利用申込書に記載していきましょう。 3.ダウンロードしたエクセルファイルにシートが2枚ついていますので、まずは「登録利用申込書」に記載します。項目は「1.申込者情報(団体名、団体種別、郵便番号、住所、代表者、担当者、設立年月日、問合せ先など)」「2.寄付金入金先情報(入金してもらいたい通帳口座情報)」「3.連絡事項(ソフトバンクさんからの依頼があった場合のみ記載します)」などを入力、チェックを行います。 同じファイル2枚目のシートには「団体活動チェックシート」があり、「はい」or「いいえ」で回答する設問、活動分野を選択する設問、あとは情報開示について記載する項目があります。 以上の2枚のシートが入力できたら、定款のデータを準備。 4.かざして募金申請窓口 E-mail SBMGRP-kazashite_shinsei@g.softbank.co.jp へ入力した「登録利用申込書(XLS形式)」と「定款データ」を添付してメールで申し込めば完了となります。 ※登録利用申込書送付後、1カ月後を目途に審査をされるとのことです。 ------------

2014.06.26

【スマホアプリ vol.06】歩いたり走ったりするだけで寄付ができるんです☆

こんにちは! 佐賀未来創造基金(愛称:さがつく)事務局みずぽんです。  皆さん、歩くのはお好きですか?私は・・最近ようやく「好きです!」と言えるようになりました☆ それは本日ご紹介するアプリ「Road+(ロードプラス)」のおかげです♪ なんと!歩いたり走ったりするだけで寄付ができるというスグレモノなのです。  ご利用いただくにはfacebookのアカウントが必要となりますが、facebookをご利用でない方も「へぇ!そんな方法もあるんだねぇ!」 とお見知り置きくだされば嬉しいです(^-^)♪ ------------

2014.06.25

【スマホアプリ vol.05】ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』があるんです!

こんにちは(^^♪ 佐賀未来創造基金(愛称さがつく)の事務局eggです。 「さがつく」では、地域に参加する・社会貢献できる、その「きっかけ」になる情報がほしい、「でも、、、参加する時間がなかなか取れないんだよね~っ」って話しを伺うことが多いことから「3秒(でできる)ボランティア、寄付情報」、「3分(でできる)ボランティア、寄付情報」をお届けしています。 そこで、今日は「3分(でできる)ボランティア、寄付情報」⇒『かざして募金』ソフトバンクモバイルさんが提供されているアプリを紹介します。 ◆「かざして募金」とは? 「かざして募金」はアプリケーションをインストールしたスマートフォンを、対象となるポスターやチラシなどにかざすだけで寄付(※1)ができるサービスです。 また、アプリ内にも登録する各非営利団体ページが設けられていて、そのページから寄付ができるんです。 ・・・非営利団体の多くが、持続可能な活動を行うための課題として「資金調達」を挙げています。 そこで、ソフトバンクモバイルさんは、非営利団体を継続的に支援するため「かざして募金」を展開し、スマートフォンユーザー(主にはソフトバンクに契約されている方々(※3))が支援したい団体を選んで寄付することで、一人一人が社会に貢献できるプラットフォームを提供されているんですね。 現在約70(※2)の非営利団体が利用されています。 ということで、みなさん、いかがですか?こうしたオンラインでできる「3分(でできる)ボランティア」から参加してみませんか?(*^。^*) ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』があるんです!!やるなら 『今でしょう!!』 「かざして募金」の詳細は・・・ http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/ [注] ※1 ソフトバンクスマートフォン以外をご利用の方は、一回ごとの「都度寄付」のみ。 ソフトバンクスマートフォンをご利用の方も、「毎月継続寄付」のチェックを外すと一回ごとの「都度寄付」に変更することができます。「毎月継続寄付」の解除は「支援団体リスト(別ウィンドウで開きます)」から行えます。 ※2 2014年5月28日現在 ※3 ソフトバンクのスマートフォン以外をご利用の方はクレジットカードでのお支払いとなるため、クレジットカード番号などの入力が必要です。寄付金の領収書発行はされないようです。 「かざして募金」ページ https://mail.google.com/mail/u/0/?pli=1#inbox/146d0b7338db1b61 より引用 【編集後記】 今回ご紹介した「かざして募金」、「さがつく」でも「かざして募金(非営利団体の方向け http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/npo/ )」を進めてみたいと思います。 登録ができたら、その経過情報をお届けしたいと思います(≧◇≦)

2014.06.24

【スマホアプリ vol.04】団体の広報に動画を使ってみるのはいかがですか?

こんにちは! 佐賀未来創造基金(通称:さがつく)のくまさんです。 早速ですが、団体の情報発信って難しいですよね? もっと多くの方に知ってほしい! 活動を見てもらえたら魅力が分かるのに...! そんな思いを抱いている人は多いのではないでしょうか。 本日のメルマガ(午後の部)でご紹介させていただくのは、1分でスライドショーを作成できるスマ-トフォンのアプリ【SLIDE MOVIES】 ~~~~~~~~~~~~ 【SLIDE MOVIES】 ~このアプリは思い出の写真に音楽をつけて、素敵な動画に替えてしまうアプリです~ ■使い方■ ①写真を選ぶ ②フィルターを選ぶ ③音楽を決める ◆上記の作業で動画を作成することができ、動画の長さが15秒、30秒、60秒から選べます。 ※60秒は一度スライドショーを作成したら選べるようになります。 ◆このアプリは無料で利用することができます。 ◆作成した動画はYouTubeやFacebookなどへの投稿もできます。 団体の情報発信の手段として活用してみてはいかがでしょうか。 ーーーーーーーーーーーーー 編集後記 団体のPRとか活動を言葉だけで知ってもらうのは難しいですよね。 動画なども活用して、団体の良さをアップしていきましょ☆ 関係ない話ですが、『暑い!』と言いながら、まだまだ長袖で頑張っています。 事務所に座っているだけでも汗をかくので、そろそろ半袖のワイシャツを買おうと思います。(くまさん)

2014.06.19

【スマホアプリ vol.03】ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』があるんです!!

こんにちは(^^♪ 佐賀未来創造基金(愛称さがつく)の事務局eggです。 最近、食欲旺盛なのか?不規則な食生活が影響してか。。。 昨年7月から体を鍛えて約10キロのダイエットに成功したのですが。。。 ここ2か月で5キロ増(:_;) そこで、つい先日よりはじめたのが『Table For Two ~食事の写真をアップするだけで、健康管理と社会貢献が同時にできる「おいしい」スマホアプリ~』。 ※今回のアプリはiPhoneユーザーのみです。。。m(__)m ◆Table For Two って? 直訳すると「二人の食卓」。 先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトに、2007年秋に日本で創設されたNPOです。 事業所食堂やレストラン、小売食品、自動販売機などでTable For Twoのロゴマークのついたメニューを購入すると、1食につき20円(また、売り上げの一部)がTable For Twoを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。 と、いう仕組みです(≧◇≦)(Table For TwoのWEBサイトより引用) ということで、本日みなさんにお届けするスマホアプリ『3分でできるボランティア』は、「Table For Two」アプリをご紹介しちゃいますヽ(^。^)ノ ■Table For Two■------

2014.06.18

【スマホアプリ vol.02】ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』があるんです!!

こんにちは(^^♪ 佐賀未来創造基金(愛称さがつく)の事務局eggです。 『3分でできるボランティア』アプリ、昨日は「目覚ましby mkChange ~「起きる」を応援しみんなの心をちょっぴり暖かくするアプリ~」を紹介しました。 さて、今日は「ゴミ拾いが大きなムーブメントに。。。」そんなスマートフォンのアプリをご紹介しちゃいますヽ(^。^)ノ ■ゴミ拾いアプリ-ピリカでかんたんボランティア!■-

2014.06.17

【スマホアプリ vol.01】ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』があるんです!!

こんにちは(^^♪ 佐賀未来創造基金(愛称さがつく)の事務局eggです。 ボランティア活動に関心はあるけれど、なかなか参加できない「あなた」へ 学業、家事、仕事中心の生活で、ボランティア活動に費やす時間のやりくりできないのよね~っ。。。(^_^;)って、言われる「あなた」へ でも、何か協力できたら。。。と、思っている『あなた』に必見\(◎o◎)/! スマートフォンを使って、ちょっとした時間で、そう『3分でできるボランティア』アプリをご紹介しちゃいますヽ(^。^)ノ ■目覚ましby mkChange■------

2014.06.09

毎年800億円も眠っている休眠口座!!

皆さんは休眠口座ってご存知ですか?
休眠口座とは?
長い間引き出しや預け入れなどの取引がされていない、"眠っている"銀行預金のことです。
最後にお金を出し入れした日や定期預金の最後の満期日から、銀行では10年、ゆうちょ銀行では5年以上経ったもののうち、預金者本人と連絡のつかないものをいいます。
該当すると考えられるのは、子供の頃や結婚前などに使っていた口座、亡くなった方の口座など。
休眠口座の金額は、日本全体で毎年800億円を超えるといわれています。 (情報元:休眠口座について考えるための情報サイト

皆さんは休眠口座をお持ちではないですか? 転勤や結婚などによって遠くに引っ越してしまった 諸事情で別の口座を開設したことで以前に口座を放置している などありましたら、最寄りの銀行に相談に行きましょう。 また、休眠口座の休眠預金を活用する動きも出てきております。 現在政府の中で「そもそも民間のお金なのだから民間による社会的事業に利用する」という事が検討されている。 休眠口座の払い戻しにはいつでも対応できるように、という条件付きで休眠口座の休眠預金の活用方法が議論されている。 海外を見てみると、アイルランド、イギリス、韓国で休眠口座の活用が進んでいる。 アイルランドでは、福祉の分野への支援 イギリスでは「教育・雇用・社会起業」という3つのテーマに力を入れている。 韓国では「高齢者の無料看護事業」「低所得者層の子どもたちへの教育事業」「社会起業へのサポート」 にそれぞれ充てられています。 休眠口座を日本ではどのように活用できるか、どのような活用が望ましいか そんな事を地域の皆さんとも意見交換できたらいいな、と思っております。
この休眠口座の活用について"休眠口座国民会議"により、「名古屋、大阪、福岡、仙台」でフォーラムが開催されます。 日本ファンドレイジング協会 代表理事であり、休眠口座国民会議の呼びかけ人である鵜尾雅隆氏、日本ファンドレイジング協会 事務局次長の鴨崎貴泰氏のお二人が、全国に足を運び、各地域の方々とアイディアを出し合います。 <フォーラムの開催日時> (詳細はそれぞれの開催地をクリックすると表示されます。) 6/16 名古屋 6/16 大阪 6/17 福岡 6/18 仙台 さがつくからも参加させてもらおうと思っていますので、 その後についての情報も随時アップしていきたいと思います。

2014.06.06

佐賀県CSOポータルってご存じですか?

当財団は、今年度より 『ボランティア・CSO活動支援情報提供業務』として、 さがCSOポータルバナーpng</a>

『CSOポータルとは?』 佐賀県内のCSO(市民社会組織)活動やボランティア活動を応援するポータルサイトです。 CSOの皆さまにご活用いただき、「助成金情報」「イベント情報」「講座・研修情報」など、掲載内容の充実や要望等に応じた情報掲載を図ることで、「みんなでつくるCSOのポータルサイト」を目指します! ※『CSOポータル(上のバナー)』をクリックすると、CSOポータルのサイトを開くことが出来ます。

CSOボランティアねっとバナー2.jpg

『CSOボランティアねっととは?』 CSOの皆様のお役立ち情報を毎日午前・午後の2本お送りするメールマガジンです。 「助成金情報」「ボランティア情報」など皆様の"あったらいいな!ほしいな!"を届けるメールマガジンです。 ※CSO・ボランティアねっと(メールマガジン)のご登録を希望される際は『CSO・ボランティアねっと(上のバナー)』をクリックすると、登録メール送信画面へ移行します。 ※CSO・ボランティアねっとの情報配信を希望する方は、そのまま送信してください。


を実施しております。 「助成金」や「ボランティア」の情報 「各団体のイベント」情報 「講座や研修」情報 など、皆様のお役に立つ情報の配信を行っております。 「助成金情報が欲しい!...けど、どこから入手していいのか分からない」 「ボランティアに参加したい!...けど、どこに問い合わせればいいんだろう」 「こんな勉強したい!...けど、どこで開催されてるだろう」 そんな方々の声にお応えできる情報をご提供します。 「イベントする上でボランティアの方を募集したい!...けど、自分たちじゃ集めるのは難しい」 「活動において、備品がほしいけど、誰か寄付してくれないかな」 そんな団体さんの情報を発信させていただきます。 CSOの皆さん これからCSO活動に携わりたいとお考えの皆さん 是非ご活用ください。
CSOポータルはこちらから↓
http://www.cso-portal.net/
CSO・ボランティアねっと(メールマガジン)の登録は cso@123123.tv へ空メール(件名・本文に何も入力していない状態)をお送りください。

カレンダー

«6月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

ブログ内検索