お知らせ一覧

2016年07月

2016.07.26

社会的弱者の住まい支援始めました!

「すまいサポートさがプロジェクト」は、障害者や一人暮らしの高齢者が安心して暮らすためのビジネスモデルとして立ち上げました。ご利用を、よろしくお願いしますm(_ _)m

保証人なしで賃貸契約 障害者や高齢者支援

「すまいサポートさが プロジェクト」始動

2016年07月26日 10時03分:佐賀新聞より引用

 保証人を頼める人が周りにおらず、賃貸住宅を借りることが困難な障害者や一人暮らしの高齢者らを支えたいと、佐賀県内の公益財団法人などが「すまいサポートさがプロジェクト」を始めた。保証人がいなくても賃貸契約を結べる保証システムを広めるとともに、孤独死などを防ぐ見守り体制づくりも目指している。 支援事業を発案したのは、障害者を対象にしたビジネススクール「ユニカレさが」(佐賀市)代表の大野博之さんと、教え子で障害者を雇用する見守り会社「スロープ」(同)を立ち上げた中尾彰宏さん。社会的に立場の弱い人が安心して暮らすためのビジネスモデルとして考えた。事業は、県の「CSO提案型協働創出事業」に採択されている。 計画によると、事業の中心となるのは公益財団法人・佐賀未来創造基金などが立ち上げた賃貸保証会社「すまサポさが保証」。障害者らが賃貸住宅を借りる際に保証人代わりとなる。家賃滞納が発生した場合は、すまサポが立て替える。 一方、すまサポなどの共同事業体は、協力してくれる不動産会社に初回保証委託料の10%を佐賀未来創造基金に寄付するよう依頼。これをもとにスロープのスタッフである障害者が入居者宅を見回り、トラブル発生時には警備会社が対応する。 事業は本年度、佐賀、小城、神埼の3市の賃貸住宅約3万9千戸を対象にスタートする。事業代表の大野さんは「軌道に乗せるには、この家賃保証制度を利用してくれる不動産会社の参画が不可欠」と強調。「不動産で地域貢献できる全国初の試みとして育てていきたい」と話している。問い合わせはスロープ、電話0952(65)4885。
すまサポ:佐賀新聞_20160726-1.jpg

2016.07.22

「トリカイ人づくり応援基金」贈呈式が佐賀新聞に掲載!

人材育成事業に助成金 トリカイ人づくり基金

4団体に計90万円

2016年07月22日 10時20分:佐賀新聞記事引用

【詳細情報】
鳥飼建設の鳥飼社長(前列左から3人目)と採択団体の代表ら=基山町民会館
鳥飼建設の鳥飼社長(前列左から3人目)と採択団体の代表ら=基山町民会館

 公益財団法人佐賀未来創造基金(山田健一郎理事長)は19日、基山町の鳥飼建設(鳥飼善治社長)の寄付でつくられた「トリカイ人づくり応援基金」から4団体に助成金計90万円を贈った。人材育成に特化した事業を援助し、地域の活性化へつなげる。

 基金は2014年に鳥飼建設が創業50周年を記念し、500万円を同財団法人へ寄付してつくられた。助成事業は昨年度から開始し、初年度は6団体に195万円を贈った。

 2年目の今回は、「基山の歴史と文化を語り継ぐ会」(基山町)、「TENつなぎ」(武雄市)、「日創研佐賀経営研究会」(県内)、「一般社団法人市民生活パートナーズ」(佐賀市)の事業が採択された。それぞれ地域の歴史を題材にした創作劇上演や市民活動の進行役養成などに取り組む。

 基山町民会館であった贈呈式では、鳥飼社長が「地域の盛り上がりには一過性でない人材育成が欠かせない。志ある方々を選ぶことができたと思う。有益に使ってほしい」と述べ、目録を手渡した。

トリカイ贈呈-3.jpg

2016.07.19

第2回 佐賀こども食堂 (2016/07/19)

7月19日(食育の日)に、「第2回 佐賀こども食堂」が開催されました。今回も沢山の子ども達や、ボランティアの方々がお集まり頂きました。ありがとうございます\(^_^)/
ボランティアの皆さんご苦労様ですm(_ _)m
準備.jpg
今回も沢山の食材も頂きました!
食材.jpg
食事の用意が出来るまで楽しくお遊び。 今回は、夏休み直前で宿題をする子どもはいません。来月は、夏休みの宿題が来そうですね(^^)
待ち時間.jpg
食育のお勉強も確り!
食育.jpg
お寿司は、子ども達が自分で盛り付けました。
料理.jpg
沢山で食べると、食事も美味しいですね(^^)
アップ.jpg 全景.jpg

2016.07.15

【8/19締切】第5期事業指定助成事業「33プログラム」募集開始!

第5期33プログラム700×200.jpg ■事業指定助成事業「33プログラム」とは 佐賀未来創造基金(以下、"さがつく")とCSO(※1)が一緒になって寄付集めに取り組むプログラムです。 ☆寄付を集める計画を"さがつく"と一緒に考え、寄付を募ります。 ☆専用振込口座、クレジットカード決済ページ、特設WEBサイトなどを利用して寄付集めに取り組みます。 ☆様々なツールを提供いたします。(古本・書き損じハガキの収集、募金箱の設置、寄付つき自販機の設置など) ※1「CSO」って何のこと? Civil Society Organizations(市民社会組織)の略で、NPO法人、市民活動・ボランティア団体に限らず、自治会、婦人会、老人会、PTAといった組織・団体も含めて「CSO」と呼称しています。 ※2 寄付合計額の8割:助成金、2割:本プログラムに係る"さがつく"の事業経費となります。 《こんなCSOにおすすめのプログラムです》 ●事業資金を集めたいCSO ●自分達の取り組む地域課題をもっと多くの人に知ってもらいたいCSO ●寄付の入り口を増やしたいCSO ●事業に関わる人を増やしたいCSO ●寄付集めによる資金調達のノウハウを身につけたい方CSO 公募内容の詳細はこちらから⇒ 第5期事業指定助成事業「33プログラム」 《県民の皆様・さがつくをご支援くださっている皆様》 33プログラムは、県内のCSOと一緒に地域課題の解決に向けて、寄付集めを行うプログラムです。 様々な地域・分野の課題解決に向けて頑張っていく団体ですので、皆様のお力添えをお願い致します! (33プログラム参加団体決定は、9月初旬頃になります) 過去の実績はこちらから⇒http://www.saga-mirai.jp/kojin/jigyo/

2016.07.13

【助成団体決定】トリカイ 人づくり応援基金(鳥飼建設株式会社 冠基金)

採択トリカイ_中.png 【トリカイ 人づくり応援基金(平成28年度助成)】 ・申請受付期間:平成28年6月1日~平成28年6月30日  (募集の詳細については こちら から) ・助成選考委員会:平成28年7月13日/鳥栖市内にて ・助成申請団体数:5団体  助成申請総額:1,404,000円 ・採択団体数:4団体(採択率100%)助成決定額:9000,000円 厳正なる審議の結果、以下の団体へ助成(総額万円)が決定いたしました。 1. CSO名:基山の歴史と文化を語り継ぐ会(基山町) 助成事業名:基山の歴史と文化を多世代の町民へつなぐ事業 助成額:250,000円 2. CSO名:TEN つなぎ(武雄市) 助成事業名:小さな対話のつくり方事業 助成額:200,000円 3. CSO名:日創研佐賀経営研究会(基山町) 助成事業名:全国経営発表大会参加助成事業 助成額:250,000円 4. CSO名:一般社団法人市民パートナーズ(佐賀市) 助成事業名:起業・事業開拓チャレンジをワンストップ・包括的に支える「専門化ネットワーク構築事業」 助成額:200,000円 --------------------------------

2016.07.12

NPOで働く人のキャリアを考える ~NPOキャリアサミット~

NPO Career Summit-01

NPOで働く人のキャリアを考える
N P O キ ャ リ ア サ ミ ッ ト
2016年8月20日(土)14:00〜16:30@ウィンクあいち ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆講演 教育者からNPOへ〜地域貢献で培われた私のキャリア〜 ▷講師 山田健一郎氏(公財)佐賀未来創造基金 理事長 教員から NPO 職員、代表を経て、県を代表する財団の理事長となっ たキャリアのそれぞれの段階でど んな力を身に着けてきたか、必要であったかについてお聞きします。また、 経営者としてどのように人を育て ているのかについて学びます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆パネルディスカッションNPO Career Summit-02 NPOを通じたキャリア形成 〜成長モデル、経営者としての視点、必要な努力、仕組み〜 ▷パネリスト 山田 健一郎氏(公財)佐賀未来創造基金 理事長 北村 隆幸氏  NPO法人ぶうめらん 代表 河村 槙子氏  NPO法人多文化共生リソースセンター東海 副代表理事 ▷コメンテーター 田邊 健史氏  GRASS(持続可能なNPOスタッフのための 相互扶助の会)代表 ▷コーディネーター 青木 研輔   東大手の会 代表世話人 NPO を通じたキャリア形成の有効 性についてそれぞれのパネラーの 経験をパネルディスカッションを 通じ共有し、NPO を通じたキャリア 形成のよりよいあり方を探ります。今 後の人材育成、キャリア形成に必 要な方策を提案します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 会 場  ウィンクあいち中会議室1203 名古屋市中村区名駅4丁目4-38 参加費  1,000円 定 員  80名 参加対象  職員の育成に悩んでいるNPO役職員、 キャリア形成に課題を感じているNPO職員 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ▶︎申込フォームに記入し、メール、またはFAXをしてください 氏名: 団体名: 電話番号: E-mail: 参加動機: ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 主 催  東大手の会(青木) 申込先  〒453-0041  名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1 地域資源長屋なかむら1階 https://www.facebook.com/higashiote TEL 090-6618-0369 FAX 052-414-4684 Email higashiote@gmail.com

2016.07.07

9/14開催「リアルな助成金活用と助成金決定後に改めて考えるべきこと」

平成28年7月2日(土)開催された「助成金活用セミナー」に続くコラボ企画が、9月14日(水)に開催されます。ご参加をお願いします! 《コラボイベント》 9/14助成金セミナー.jpg <日時> 2016年9月14日(水)13:00-17:00 (講演3時間、ワークショップ1時間) <場所> 佐賀市市民活動プラザ (佐賀市白山2丁目1-12 佐賀商工ビル7F) ※お車でお越しの方は唐人南パーキングをご利用ください。 <講師:山田 泰久 氏> プロフィール日本財団CANPANプロジェクト NPO法人CANPANセンター 代表理事 ・一般財団法人非営利組織評価センター 業務執行理事  群馬県高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒(フランス文学専攻)。  1996年日本財団に入会。2014年4月、日本財団からNPO法人CANPANセンターに転籍出向。  日本財団とCANPANセンターが合同で実施する、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、  民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。  主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、オンライン寄付、助成金、IT・Web、ノウハウ、ネットワーク、  出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。   twitter:@canpan2009   Facebook:http://www.facebook.com/yamadamay   ブログ:CANPAN講座:http://blog.canpan.info/c-koza/       CANPAN・NPOフォーラム:http://blog.canpan.info/cpforum/ canpan山田-S.jpg <参加費> 無料 <定員> 40名※先着順 <申込フォームURL> http://goo.gl/forms/qgd2U1CfKoM8uhWo1 ※上記のURLよりお申込みください。 <主催・お問い合せ> 佐賀市市民活動プラザ指定管理者 特定非営利活動法人 佐賀県CSO推進機構 TEL:0952-40-2002 FAX:0952-40-2011 <チラシ> 9.14助成金セミナーチラシ.pdf

2016.07.04

【ご報告】熊本大分地震災害緊急支援受付状況(7/4現在)

県内外よりご支援まことにありがとうございます。 現地ニーズに沿いながら 人のチカラを送り出すことをはじめ、私達にできる事を続けてまいります。 引き続き、暖かいご支援どうぞ宜しくお願いいたします。 <<ご寄付の受付はこちらから>> <<人材バンクのご登録はこちらから>> ■活動進捗情報(随時更新中!) ・佐賀未来創造基金facebook佐賀から元気を送ろうキャンペーン facebook ■募金総額:983,355円(2016年7月4日現在) ■ご寄付者様 <団体> 株式会社佐賀電算センター オヤモコモ cocoro+(ココロプラス)様 株式会社神代薬局 株式会社神風プロダクション *鳥栖チャリティ卓球大会様 大同印刷株式会社 *「スマ佐賀」実行委員会様 平野パン教室有志一同 花みずき会 佐賀市市民活動プラザ *キリン整骨院様 <個人> *山路建造様/フィリピン 「九州の方々の力強さをフィリピンから応援しています!」 *大久保珠枝様/東京都 「地震で被災された方への支援にお役立ていただければ幸いです。  余震が頻発しておりますので、皆様もどうかお気をつけ下さい。」 *重松まなみ様/佐賀県 「熊本、九州、負けないで!一緒に頑張りましょう!」 *枝澤康代様/大阪府 *藤井美佳様/佐賀県 「行動力の速さに敬意を表します。救援物資を佐賀までもって行きたかったのですが...  今は、ただ、揺れが早く収まり、被災者の皆さんが安心して復興に立ち上がれる日が来る事を祈るばかりです。  支援の方も長期になると思いますが、頑張ってください。」 *徳永洋子様/東京都 *安井章員様/京都府 「近くからニーズに合わせて支援していただくのがいいと思いますので、応援しております。」 *秋山映一様/神奈川県 「迅速な支援活動をありがとうございます。是非、応援させてください。」 *本田香代子様/ *山口直美様/佐賀県 *本田香代子様 *安藤智之様/佐賀県 *阪上貴雄様/大阪府 *阿津坂てるみ様/福岡県 *神代剛様/佐賀県 *吉村やよい様/佐賀県 *熊谷吉朗様/佐賀県 *古賀くみ子様/佐賀県 *匿名の方々

2016.07.03

助成金は助走金、次のステップへの投資と思え!

平成28年7月2日(土)開催された「助成金活用セミナー」に、約30名の参加者がお集まり頂きました。本当に、ありがとうごあいます。セミナーは分かり易く、参加者の皆さんも満足されていた様です。 コラボ企画として9月に助成金セミナーを開催します。勿論、山田さんも講師としていらっしゃいます。 《コラボイベント》  ----------------------------------------

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索