お知らせ一覧

2016年12月

2016.12.28

『さがつく AWARD 2016』佐賀新聞に掲載!

※このイベントは終了しました。

さがつく AWARD 2016』が佐賀新聞に掲載されました!

*********************************************************************

佐賀新聞 2016年12月28日より 紙面.jpg

未来創造基金4周年を祝う

寄付団体など100人出席

2016年12月28日 09時49分 【佐賀新聞LiVE / The Saga Shimbunより】

あいさつする山田健一郎理事長=佐賀市のザ・ゼニス
あいさつする山田健一郎理事長=佐賀市のザ・ゼニス
 市民や企業から寄付を集め、市民活動団体などに助成している佐賀未来創造基金(佐賀市、山田健一郎理事長)の設立4周年を記念した催しが佐賀市で開かれた。寄付団体などから約100人が出席し、県内での寄付文化の浸透を訴えた。 12月の寄付月間に合わせて開いた。山田理事長は「自分が暮らす地域に誇りを持って活動し、次の世代につないでいきたい」とあいさつ。寄付団体に感謝状を贈り、基金のこれまでの活動や連携団体を紹介した。 来賓として出席した今村雅弘復興相が祝辞を述べ、山口祥義知事もビデオメッセージを寄せた。

2016.12.26

【12/17】『さがつく AWARD 2016』を開催しました!

※このイベントは終了しました。

たくさんの方々のご参加をいただき
誠にありがとうございました!

集合-4.jpg 当財団は、全国寄付月間に合わせ、12月17日に佐賀市のTHE ZENITHで「さがつく AWARD 2016」を開催いたしました。今村雅弘復興大臣様ほか大口寄付者、市民活動団体、佐賀未来創造基金応援者、ふるさと納税返礼品提供者、佐賀県担当課の方々など約100名のご参加を賜りました。 ドネーションタイムでは参会者の皆様から各団体に、総額約40万円のご寄付を頂きました。お忙しい中ご来駕賜りまことに有難うございました。
【オープニングアクト】 キッズミュージカルTOSUの子ども達が元気に演じてくれました。キッズミュージカルTOSUを運営する特定非営利活動法人 鳥栖子どもミュージカルは、当財団の事業指定寄付プロジェクトでミュージカル公演実施されています。 オープニング-1.jpg
【理事長あいさつ】  公益財団法人 佐賀未来創造基金 理事長山田 健一郎 1-1.jpg
【来賓あいさつ】 来賓の方々よりお言葉をいただきました。ありがとうございましたm(_ _)m  復興大臣・福島原発事故再生総括担当 今村 雅弘 [写真上段左]  佐賀県知事 山口 祥義 様(ビデオレター)[写真上段中]  衆議院議員 古川 康 様(祝電)[写真上段右]  株式会社 日本政策金融公庫 佐賀支店 支店長 中谷 正一 様 [写真下段左]  株式会社 佐賀共栄銀行 取締役 岩永 妙子 様(乾杯)[写真下段中]  株式会社 ファンドレックス 取締役 イノウエ ヨシオ 様(全国寄付月間PR)[写真下段右] 来賓4-1.jpg
CSO誘致 佐賀県では、CSOを誘致しています。その仕組みのお話しと、佐賀にいらっしゃったCSO代表のご挨拶をいただきました。  佐賀NGOネットワーク 代表世話役 大野 博之 [写真上段左]  特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン 根木 佳織 様 [写真上段中]  認定特定非営利活動法人 難民を助ける会 佐賀事務局長 久保田 雅文 様 [写真上段右]  認定特定非営利活動法人 難民を助ける会 糸山 麻耶 様 [写真下段左]  特定非営利活動法人 ブリッジフォースマイル 福島 めぐみ 様 [写真下段中]  特定非営利活動法人 ブリッジフォースマイル 佐々木 元康 様 [写真下段右] CSO誘致1-1.jpg
【連携団体】 佐賀未来創造基金の連携事業「クラウドSaga」と、「創生ネットさが」についてお話ししていただきました。  一般社団法人 市民生活パートナーズ 代表理事 竹下 義洋 様(クラウドSaga創生ネットさが[写真左]  株式会社 佐賀共栄銀行 営業統括部 リテール営業グループ 上席調査役 秋岡 秀和 様(クラウドSaga[写真中]  株式会社 日本政策金融公庫 佐賀支店 副事業統括 佐藤 広明 様(創生ネットさが[写真右] 連携団体.jpg
【寄付集めプレゼン】  FOP~彩里さんの夢プロジェクト~ 治療研究を応援したい!一日でも早く治療法が創られるために![写真上段左]  佐賀から元気を送ろうキャンペーン for 熊本 復興半ばの熊本に元気と支援を送るために![写真上段右]  よりみちステーション いつでも誰でも来られるみんなの「居場所」みんなの「Home」を![写真下段左]  1qトリソミー基金 超希少難病「1番染色体長腕部分トリソミー症候群」の患者と家族に希望を![写真下段右] 寄付-1.jpg
【感謝状贈呈】  有限会社 大町自動車学校 [写真前列左より1番目]  株式会社 佐賀共栄銀行 [写真前列左より2番目]  株式会社 佐賀新聞社 [写真前列左より3番目]  鳥飼建設 株式会社 [写真前列左より4番目]  aroma*aroma [写真前列左より5番目]  特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン [写真後列左より1番目]  株式会社 日本政策金融公庫 佐賀支店 [写真後列左より2番目]  株式会社 新羅カンパニー [写真後列左より3番目]  有限会社 古賀食鳥 [写真後列左より4番目]  株式会社 神風プロダクション [写真後列左より5番目]  一般社団法人 市民生活パートナーズ [写真後列左より6番目]  キリン整骨院 [写真後方左より7番目]  株式会社 リタジャパン 感謝状集合.jpg

スタッフの皆さんも、お疲れ様でした(^^)
来年は、2017年12月16日(土)ロイヤルチェスター佐賀で開催(予定)

閉会-1.jpg

2016.12.20

「OMC明日の交通安全を考える基金」を創設いたしました

公益財団法人佐賀未来創造基金は、大町自動車学校から当財団への寄付を通じて冠基金「OMC明日の交通安全を考える基金」を12月17日に設立いたしました。 現在、佐賀県は人口10万人当たりの交通事故発生率が4年連続で全国ワーストを記録しており、けが人、死者数ともに高い水準で危険な交通事情が続いています。そこで、当財団は、大町自動車学校と共に県民の交通安全への意識向上と事故抑制を図ることを目的とし、「OMC明日の交通安全を考える基金」の創設をいたしました。 当基金の目標金額は、1000万円です。なお、いただいた寄付金は、交通事故減少に寄与する事業や交通事故被害者を支援する事業などへの活用を検討しています。 当基金へのお問い合わせは、0952‐26‐2228(佐賀未来創造基金)まで。みなさまの力で本基金を育ててください。 image1.jpg写真上:大町自動車学校 鶴田英司常務 image2.jpg

2016.12.17

12/17佐賀新聞特集 「県政特集2016」に掲載!

平成28年12月17日(土)の佐賀新聞の特集紙面「県政特集2016」に、佐賀未来創造基金のPRを掲載させて頂きました\(^_^)/ 哀川翔&山口知事.jpg さがつく_ふるさと納税.jpg

2016.12.08

【佐賀「NPO特区」】「ふるさと納税」寄付額の95%を団体に交付!

佐賀「NPO特区」が毎日新聞に掲載!

NPO特区-1.jpg 12/3~12/4東京・有楽町で、佐賀県の「ふるさと納税」によるNPO支援のPRイベントが開催されました! NPO特区-2.jpg 以下は毎日新聞より引用です。

=======================================================

全国初の助成制度/横断組織も設立

 佐賀市へのNPO(非営利組織)の進出が相次ぎ、昨夏以降5団体に上っている。その呼び水になっているのは佐賀県の誘致策で、全国で初めて進出団体に人件費などを助成する制度を設け、企業の誘致同様、力を入れている。団体を横断する新組織も設立され、地域の活性化につながっているという。

 紛争や災害時の支援に取り組むNPO法人「難民を助ける会」(東京)は今年8月、佐賀市の雑居ビルの一室に佐賀事務所を構えた。久保田雅文・佐賀事務所長(65)は「佐賀県は熱心に応援してくれる。今後、佐賀に同じような団体が増え、拠点のようになっていくのではないか」と予想する。先月21日、2人目のスタッフとして採用された佐賀県出身の糸山麻耶さん(27)は「支援活動をしたいという思いがずっとあった。募集を知り、福岡県八女市の会社を辞めた」と話した。

 県が誘致策を打ち出したのは、地元のNGO(非政府組織)などが資金面や人材育成で苦戦していたためだ。実績のある団体が他県から進出して「手本」になればノウハウを広められる。一定の雇用創出が見込めることもメリットだと考えた。

 そこで昨年7月、県内に事務所を開設したNPOやNGOに対し、県内に住む職員1人につき半年で最大50万円を支給する制度を始めた。県によると、進出団体に人件費を助成する制度は全国で初めて。さらに、応援したい団体を指定して県に「ふるさと納税」ができる仕組みも整えた(寄付額の95%を団体に交付)。自然の豊かさや住環境の良さ、アジアへの地理的な近さなどを強調するPRも、東京のNPOなどを直接訪問して展開。昨年8月以降、事務所開設は5団体に上り、移住・雇用者は計11人。進出団体へのふるさと納税の交付額は今年度だけで約4665万円あった(11月末現在)。

 団体を横断する組織として今年8月、進出団体や地元の計12団体による「佐賀NGOネットワーク」が発足した。隔月で公開講座などを開き、国際支援活動の紹介などをしている。ネットワークの代表世話人で佐賀市のNPO「地球市民の会」の大野博之さん(52)は「世界中に事務所を持つNGOに県民が直接アクセスできるような場があればいいと思っていた。佐賀からグローバル人材を育成したい」と意気込む。

 県の担当者は「たくさんの団体に来ていただき、団体同士で非常に良い連携がとれている。地域の活性化の一つになっている」と手応えを語った。【池田美欧】


進出した5団体

 時期       名称                   活動内容

2015年 8月 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ    障害者の社会参加の支援

2016年 2月 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン 災害支援の協力体制づくり

         ピースウィンズ・ジャパン         伝統工芸の振興支援

      8月 難民を助ける会              紛争や災害時の支援

     10月 ブリッジフォースマイル          児童養護施設の子どもの自立支援

 ※事務所の設置場所はいずれも佐賀市。時期は県との協定締結日

2016.12.04

「佐賀ふるさと納税×NPO in 有楽町」大盛況!!

※このイベントは終了しました。

佐賀ふるさと納税×NPO

【多数のご参加に感謝を込めて】 皆さま、先週末のイベント「佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう」に立ち寄っていただき、ありがとうございました! そんな皆さまへの感謝の気持ちも込めて、イベント2日目の映像をまとめましたので公開させていただきます♪ 是非ご覧くださいませ!

佐賀ふるさと納税×NPOさんの投稿 2016年12月5日

本日12/4(日)も東京交通会館@有楽町にて11:30〜17:30イベント「佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう」開催! #ふるさと納税 #佐賀県 #NPO支援 昨日も多くの方に足を運んでいただいたイベント「佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう」を本日12月4日(日)も開催します! 佐賀県のふるさと納税は、全国に先がけて支援したいNPOを指定できる寄付できる制度を導入されています。 そんな指定先の団体のうち12団体が有楽町に集結しています♪ 是非、お礼の品の試食や試飲、ふるさと納税についての質問などにお立ち寄りくださいませ! 会場には、今回コラボしていただいている絵本「くものうえのハリー」のハリーのバルーンや、ハリーに扮して羊の格好をしたスタッフもおりますので、写真撮影などもいかがでしょうか? それでは、イベント最終日の本日も11:30〜17:30まで皆さんのご来場をお待ちしております。

佐賀ふるさと納税×NPOさんの投稿 2016年12月3日

ふるさと納税_有楽町 原版1.jpg ピースウィンズ・ジャパンアジア パシフィック アライアンス・ジャパンの代表大西健丞さんと、彩里さんの夢プロジェクト池田彩里さんとのコラボです\(^_^)/ ふるさと納税_有楽町 (19).jpg hurusatoFOP.jpg 佐賀新聞 Web版:2016年12月04日 10時19分 掲載 県内NPO、東京でふるさと納税指定をアピール-01.jpg

2016.12.02

【12/3~12/4東京イベント】佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう

※このイベントは終了しました。

東京・有楽町で 12/3~12/4 イベント開催!

%e4%bd%90%e8%b3%80%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8exnpo
【期間限定特別公開】くものうえのハリー【佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう】
世界一わかりやすいふるさと納税
佐賀県は、「ふるさと納税」で支援したいNPOを指定して寄付できる制度を導入した全国でも先進的な取り組みをしている県です。現在、県内に拠点を置く20以上の団体がこの制度を利用しています。 当イベントにはNPO12団体が参加、また城井文さん・作の感動の絵本「くものうえのハリー」とコラボし、各団体の活動紹介やふるさと納税への呼びかけを行います。 ■日時 平成28年12月3日(土)、4日(日) 11:30~17:30 ■場所 東京交通会館 1F ピロティ (東京都千代田区有楽町2-10-1) ■内容 ・佐賀ご当地返礼品の試食・試飲 ・佐賀県「ふるさと納税×NPO」の仕組及び参加NPOの活動の紹介 ・「くものうえのハリー」のバルーン及びスペシャル動画展示 ・「くものうえのハリー」作者・城井 文サイン会(12/4 14:00-) ■参加12団体 ・特定非営利活動法人Succa Senca特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル特定非営利活動法人 浜-街交流ネット唐津認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク特定非営利活動法人poco a bocco特定非営利活動法人POSA特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン特定非営利活動法人ベネッセの会公益財団法人 佐賀未来創造基金認定特定非営利活動法人 地球市民の会特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン特定非営利活動法人こどもUmiおと ■入場料 無料 ■その他 「佐賀県にふるさと納税してNPOを支援しよう」特設サイト http://saga-furusato.com/ ■問い合わせ先 佐賀NPOイベント実行委員会 〒840-0831 佐賀市松原1-3-5 ゼロワン佐賀ビル 6F (特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン佐賀事務所内) TEL 0952-20-1607 Facebook https://www.facebook.com/saga.npo/

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索