お知らせ一覧

2018年09月

2018.09.27

9/27西日本新聞掲載「休眠預金制度活用研究会」

 

2018年9月27日(木)西日本新聞佐賀県版に、「休眠預金制度活用研究会」のイベント紹介記事が掲載されました!

いま、全国のNPOの間で話題になっている「休眠預金」。

年間700億円ともいわれる巨額の資金をめぐり、平成30年1月に「休眠預金等活用法」が施行されました。来年秋には資金分配も始まるとされ、事業規模に関係なく、全国のNPOに大きな影響を与えるといわれています。いま、この休眠預金をめぐって何が起きているのか、これからどんな影響があるのか、まずは、このセミナーで一緒に考えてみませんか?

【日時】

 2018年10月5日(金) 18:30~20:30

【会場】

 TOJIN茶屋 2F多目的スペース (佐賀県佐賀市唐人2-5-12

【概要】

 対 象:CSOをはじめ関心のある方

 参加費:無料

 定 員:20名(先着順/要事前申込)

【講師】

 小河 光治 氏

 (内閣府 休眠預金等活用審議会専門委員/公益財団法人 あすのば 代表理事)

【内容】

 第一部 休眠預金の制度概要開設

 第二部 制度内容に関する意見交換

     ・指定活用団体

     ・資金分配団体

     ・民間公益活動団体

     ・評価について etc…

  ※セミナー後に交流会あり

【進行】

 山田 健一郎 (公益財団法人 佐賀未来創造基金 理事長)

【後援】

 ソーシャルビジネス創生ネットワークさが

(株式会社日本政策金融公庫佐賀支店、一般社団法人市民生活パートナーズ等)

【申込方法】

 下記の申込フォームからお申し込みいただくか、「氏名、ご所属(あれば)、連絡先」を

 お電話にてお知らせください。

【主催・問い合わせ先】

 公益財団法人 佐賀未来創造基金〈休眠預金研究会〉

 (担当:山田、江口、吉村)

  〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F

  TEL:0952-26-2228(受付:平日 9:00~18:00)

  FAX:0952-37-7193

  mail:info@saga-mirai.jp

—————————————————————————————————————————————————————————————————

『社会的インパクト評価ロジックモデル研修』

 第1回 2018年11月 9日:活用に向けたセミナー

 第2回 2019年 2月予定:活用ワークショップ

 第3回 2018年 4月予定:取り組みの事例発表

—————————————————————————————————————————————————————————————————

2018.09.25

【10/31締切 】子どもの居場所を応援『さがっこ基金』第2回募集!

 

「さが・こども未来応援基金(略称:さがっこ基金)」の第2回応募が開始されました。

詳しくは下記のURLにてご確認下さい。

http://www.saga-mirai.jp/cso/jyosei/theme/001269.html

【応募概要】


 <助成対象活動>

  ■助成対象A:

  ・子どもの居場所づくりをはじめ、子ども本人を直接支援する活動
・子ども及び親を取り巻く環境づくりを直接応援する活動

  ■助成対象B:

  ・子どもの居場所づくりのための人材育成事業(研修受講、養成講座開催など)

 <助成上限金額>

  ■助成対象A:上限20万円(2018年度は、最大20件の活動に助成予定)
■助成対象B:上限40万円(2018年度は、最大3件の活動に助成予定)
※対象Aと対象Bの併用申請も可能です。

 <申請期間>

  ■2018年9月25日(火)~10月31日(水) 17時必着

 <申請方法>

  ■必要書類を、さが・こども未来応援プロジェクト実行委員会までご郵送(配達状況がわかる「特定記録郵便」により)いただくか、ご持参ください。

 <提出先>

  ■さが・こども未来応援プロジェクト実行委員会
(〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-7 GATHERビル5F CSOLab)

【助成団体決定】「さが・こども未来応援基金(第1回)」2018年度助成


 ■申請受付期間:2018年5月23日(水)~2018年6月15日(金)

 ■採択団体数:7団体

 ■助成決定総額:700,000円

  1.CSO名:Karatsu Mama Act(唐津市)
助成事業名:子育て見守り隊 助成金額:100,000円

  2. CSO名:NPO法人COOL BEAT DANCE SCHOOL(基山町)
助成事業名:基山こどもの家

    助成金額:100,000円

  3. CSO名:嬉野市民吹奏楽団(嬉野市)
助成事業名:嬉野市民吹奏楽団による子どもの居場所づくり

    助成金額:100,000円

  4. CSO名:げんきな大地(佐賀市)
助成事業名:里山こども食卓アカデミー

    助成金額:100,000円

  5. CSO名:NPO法人のいちご会(伊万里市)
助成事業名:子ども食堂のテーブル・イスの整備

    助成金額:100,000円

  6. CSO名:いじめ撲滅プロレス実行委員会(佐賀市)
      助成事業名:30年度 第3期「いじめについて考えよう」道徳の出張授業

    助成金額:100,000円

  7. CSO名:てらこやあんのんだれでも食堂(佐賀市)
助成事業名:こども食堂

    助成金額:100,000円

2018.09.19

1日1組限定のゲストハウス 『PORTA NOVA』10/1オープン!


 

10月1日(月)TOJIN茶屋東側に、ゲストハウス「PORTA NOVA」がオープンします。

佐賀市中央大通りエリアマネジメント協議会では、佐賀県「自発の地域創生プロジェクト」に基づく佐賀市との協働事業「空き家活用による中心市街地活性化計画」を進めています。

今回オープンするゲストハウスは、「第1回チャレンジゲストハウス空き家活用事業」に選定さえた江口健二郎(佐賀県佐賀市)さんが運営するゲストハウスです。PORTA NOVA(ポルタノヴァ)とは、「新しい扉」「新たな門」といった意味のラテン語です。

【 施設名 】PORTA NOVA(ポルタノヴァ)

【 所在地 】佐賀市唐人2丁目5-25

開業にあたり、報道関係者及び一般の方に対して施設の内覧会を行います。申し込み等は不要ですので、直接お越しください。

明日(10/20)発売される佐賀県不動産総合マガジン「あぱ・なび10月号」にも掲載されます。「あぱ・なび」は、コンビニや主要書店でお求めになれます。ご興味のある方は、ご覧になって下さい。

2018.09.19

10/1開催「日本政策金融公庫統合10周年記念イベント」

 

日本政策金融公庫は、平成30年10月1日に国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業の統合10周年を迎えます。

このたび統合10周年を記念し、佐賀商工会議所と共催で「創業フォローアップセミナー」を開催します。

■日時
平成30年10月1日(月曜日)13:00分~17:00

■場所
アイスクエアビル(佐賀市駅前中央1-8-32)

■内容
第1部 基調講演「佐賀の創業者を成功に導くために」
講師  長谷川 祐一 株式会社はせがわ 相談役
15坪のお店から東証1部上場の会社へ成長させた講師が、ビジネスを成功させるための秘訣を語ります。

 第2部  パネルディスカッション「創業×新事業×農業 佐賀を応援」
パネリストたちが、未来志向で語ります。(登壇者はチラシをご覧ください)

■定員
50名

■参加費
無料

■申込方法
下記チラシ「参加申込書」に必要事項を記載の上、ファックス又は郵送でお送りください。
 

■主催・お申し込み先

 日本政策金融公庫 佐賀支店 国民生活事業
担当:苑田(そのだ)、靏(つる)

 〒840-0816
佐賀県佐賀市駅南本町4−21
TEL 0952-22-3342
FAX 0952-26-9736

2018.09.14

10/13開催!『第2弾 佐賀「空き家」地域円卓会議』

 

「地域円卓会議」とは、地域社会において、企業・行政・地域・学識・メディア等多様な主体が連携してテーマ(課題)を共有し、アイディアとネットワークを持ち寄り、課題解決を目指して議論する対話の場です。

「空き家」に係る地域の課題について皆で議論しましょう。

第1弾 佐賀「空き家」地域円卓会議 ⇒ http://www.saga-mirai.jp/information/2018/02/001180.html

【日時】2018年10月13日(土) 15:00~17:30(受付14:30~)

【会場】TOJIN茶屋 2F多目的スペース (佐賀県佐賀市唐人2-5-12

【概要】

 対 象:どなたでも参加可

 参加費:無料

 定 員:30名(先着順/要事前申込)

【論点提供者】

 塚原 功

 (空き家相談士特定非営利活動法人 空家・空家活用サポートSAGA 代表理事

【登壇者】

 空家所有者・地元住人・行政・学識者・メディアなど

【申込方法】

 下記の申込フォームからお申し込みいただくか、「氏名、ご所属(あれば)、連絡先」をお電話にてお知らせください。

【主催・問い合わせ先】

 公益財団法人 佐賀未来創造基金
〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F
TEL:0952-26-2228(受付:平日 9:00~18:00)
FAX:0952-37-7193
mail:info@saga-mirai.jp

【協力】

 特定非営利活動法人 さが市民活動サポートセンター

 特定非営利活動法人 空家・空家活用サポートSAGA

2018.09.13

10/5開催!「SGTK Lab 休眠預金制度活用セミナー(休眠預金研究会)」

 

いま、全国のNPOの間で話題になっている「休眠預金」。

年間700億円ともいわれる巨額の資金をめぐり、平成30年1月に「休眠預金等活用法」が施行されました。来年秋には資金分配も始まるとされ、事業規模に関係なく、全国のNPOに大きな影響を与えるといわれています。いま、この休眠預金をめぐって何が起きているのか、これからどんな影響があるのか、まずは、このセミナーで一緒に考えてみませんか?

【日時】 2018年10月5日(金) 18:30~20:30

【会場】 TOJIN茶屋 2F多目的スペース (佐賀県佐賀市唐人2-5-12

【概要】

 対 象:CSOをはじめ関心のある方

 参加費:無料

 定 員:20名(先着順/要事前申込)

【講師】

 小河 光治

 (内閣府 休眠預金等活用審議会専門委員/公益財団法人 あすのば 代表理事)

【内容】

 第一部 休眠預金の制度概要開設

 第二部 制度内容に関する意見交換

     ・指定活用団体

     ・資金分配団体

     ・民間公益活動団体

     ・評価について etc…

  ※セミナー後に交流会あり

【進行】

 山田 健一郎 (公益財団法人 佐賀未来創造基金 理事長)

【後援】

 ソーシャルビジネス創生ネットワークさが

(株式会社日本政策金融公庫佐賀支店、一般社団法人市民生活パートナーズ等)

【申込方法】

 下記の申込フォームからお申し込みいただくか、「氏名、ご所属(あれば)、連絡先」をお電話にてお知らせください。

【主催・問い合わせ先】

 公益財団法人 佐賀未来創造基金〈休眠預金研究会〉
(担当:山田、江口、吉村)

  〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F
TEL:0952-26-2228(受付:平日 9:00~18:00)
FAX:0952-37-7193
mail:info@saga-mirai.jp

—————————————————————————————————————————————————————————————————

『社会的インパクト評価ロジックモデル研修』

 第1回 2018年11月 9日:活用に向けたセミナー

 第2回 2019年 2月予定:活用ワークショップ

 第3回 2018年 4月予定:取り組みの事例発表

—————————————————————————————————————————————————————————————————

2018.09.06

山田登壇!『100年後も続く「福マルシェ」・「さがつく」は志金をデザインするコミュニティ財団』9/11開催

 9月11日(火)、100年後も続く「福マルシェ」・「さがつく」は志金をデザインするコミュニティ財団(第69回参プレ)



【福岡でのイベント】
今年の7月から、境美希さん( 
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002050461291 )が始めた、福マルシェ。第3日曜日、鳥飼八幡宮です。
福マルシェウェブサイト 
https://fuku-marche.com/
福マルシェ Facebook 
https://www.facebook.com/fuku.marche/

https://www.facebook.com/events/275062583313163/

9月11日開催! 100年後も続く「福マルシェ」・「さがつく」は志金をデザインするコミュニティ財団(第69回参プレ)

以下、facebook のイベントからです。

ソーシャルビジネス創出 九州・アジア
【参加者評価型ビジネスプランプレゼンテーションVol.69】

誇れる仕事! よのなか人、ひとの行動で変えられる
~100年後も続く『福マルシェ』 + 『さがつく』は志金(休眠預金・遺贈)をデザインするコミュニティ財団~

~チェンジ!感動する人・共感ビジネスで 九州から「よのなか」をよりよく変える!~
*********************************************************************************
■日時:2018年9月11日(火)19:00~21:00
■会場:フラウコミュニティルーム
福岡市中央区大名2丁目11-22 若林ビル2F(Coco壱番のあるビルの2階です)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
■プログラム
主催者挨拶・参加者自己紹介 19:00~19:15(15)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
第1部 ビジネスプランプレゼンテーション
◇プレゼンテーションⅠ  19:15~19:55(40)
境 美希氏 (株式会社Tryfe 取締役)
タイトル:「100年後も続くマルシェを福岡につくる!~住みたい街も理想の未来も、自分たちの手でつくる!~」
概要:「住みたい街も理想の未来も、自分たちの手でつくる」
2018年7月より毎月【福マルシェ】を開催しています。
私たちがこの福マルシェを通じて、実現したい理想の未来は、生産者と消費者という関係ではなく、生産者と応援者が直接繋がって、応援し合う世界。
作る側は「食べる人の幸せ」「作る人の幸せ」「地域の未来」を考えたものを作り、買う側はそれらを購入することで、より良い未来や環境を選択することに繋がる。
そういった仕組みをマルシェという楽しい空間で、実現したいと思っています!

<プロフィール>
「100年後も誇れる仕事をしよう」をコンセプトに、心から誇れる仕事をしたいと日々挑戦中。
25歳の時に東京で起業。福岡に惚れて、福岡と東京のダブル拠点を始める。「知り合い0!仕事も0!」のスタートの中で、福岡でたくさんの人に助けられ、支えてもらう。ますます福岡が好きになり、「福岡に何か恩返しができる仕事がしたい!」と、長年の夢でもあったホテルづくりを、福岡の志賀島で始める。ホテルZABaNを2017年7月にオープン。ホテルづくりの過程で、農家さんや漁師さんと出会い、生産者のかっこよさに心を奪われる。2018年、福マルシェづくりに仲間と共に挑む!
福マルシェウェブサイト 
https://fuku-marche.com/
福マルシェ Facebook 
https://www.facebook.com/fuku.marche/

質疑応答・意見交換
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇プレゼンテーションⅡ (19:55~20:35)(40)
山田 健一郎氏(公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく) 代表理事)

タイトル:「佐賀未来創造基金とコミュニティ財団~休眠預金や遺贈など地域の志金をデザインするソーシャルイノベーション~」
概要:休眠預金や遺贈など、全国でのお金を取り巻く様々な動きがある現状で、地域社会のお金の流れのデザインと地域課題の解決、そして新しい価値を創造していく存在として「市民コミュニティ財団」や「NPOバンク」という存在が期待されている。

九州で最も小さい!?佐賀県で、持続可能な地域と組織支援、そして地域社会に必要なお金の流れやその活用にチャレンジする佐賀未来創造基金の取り組みを通じて、ソーシャルビジネスのイノベーションについて改めて考える。

<プロフィール>
公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく)代表理事(理事長)、特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンター理事長、佐賀県CSO誘致アドバイザー、佐賀県まち・ひと・しごと総合戦略委員、さがラボエバンジェリスト(産業企画課支援機関)、一般社団法人全国コミュニティ財団協会理事(九州ブロック担当)、特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会九州チャプター共同代表、公益財団法人さわやか福祉財団インストラクター、唐人町商店街振興組合副理事長、佐賀県地域共生ステーションなど

公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく)http://www.saga-mirai.jp/
facebookページ:
http://www.facebook.com/mirai.design.saga

質疑応答・意見交換
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
第2部 ソーシャルビジネスに関する事業紹介など 20:35~20:55(20)

・第10回九州ソーシャルビジネスフォーラム振り返り
・グッドガバナンス認証についての説明
名刺交換・アンケート記入
----------------------------------------------------------------------------------
■参加費:1000円(学生500円)
--------------------------------------------------------------------------------------------

■くるま座交流会 21:15~
会場周辺で行います。 2500円以内目標で、みんなで割り勘です♪
------------------------------------------------------------------------------------------

<お申込み>
下記、専用フォームからお申込みください。

■主催:一般社団法人SINKa(社会的起業家創出ネットワーク九州・アジア)
HP:
http://www.sinkweb.net/
FB:
https://www.facebook.com/SINKaSB
TEL:092-762-3789 e-mail:info@sinkweb.net

共催:九州ソーシャルビジネス促進協議会(Sofi)
FB:
https://www.facebook.com/kyushu.sofi/

遠賀町起業支援施設(PIPIT ピピット)
HP:
https://pipit-onga.jp/
FB:
https://www.facebook.com/pipit0932932616/

 

2018.09.04

こどものために、こどものモノを。「こどモノ(CODOMONO)」スタート!

 

 さが・こども未来応援プロジェクトでは昨年度、「どんな境遇の子どもたちも見捨てない!」をスローガンに、佐賀県ふるさと納税「NPO等を指定した支援」に取り組み、およそ1,470万円のあたたかなご支援を賜り、そのうち6割のご支援において、ふるさと納税の返礼品を「子どもの居場所」にプレゼントするメニューをご指定いただきました。

 ご指定いただいた返礼品「佐賀県産のお肉」、「佐賀県産のお米」、「佐賀県産のお野菜」、「教材」、「おやつ」を、佐賀県内の「子どもの居場所」へお届けします。

応募要件

 以下の2点を、お届けした日から1ヵ月以内にメールまたは郵便にて必ず提出できる

 佐賀県内の「子どもの居場所」

  〇1 活動の様子がわかる写真

  〇2 居場所の子どもたちから支援者※への「ありがとうの手紙」

      ※ふるさと納税にてご寄付いただき返礼品を「子どもの居場所」にプレゼントする

      メニューをご指定いただいた方

応募締切

 平成30年9月~平成31年2月の毎月20日

  ※1居場所につき毎月1回まで

応募方法

QR_Code1536127627.pngトップ画像をクリックしてpdfファイルをダウロードし、2枚目の「申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXまたはメール添付にて送信、もしくは右のQRコードより「申込フォーム」に入りご応募下さい。

 【問い合わせ先】

  公益財団法人 佐賀未来創造基金

   TEL:0952-26-2228

   FAX:0952-37-7193

   mail:info@saga-mirai.jp

2018.09.03

佐賀新聞に掲載!「子どもの居場所に必要な支援を考える意見交換会【太良会場】」

子どもの居場所充実へ課題共有

太良で意見交換会

佐賀新聞LIVE 2018/09/09/2 6:03

カレンダー

«9月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索